惑星や恒星の進化への磁場の寄与は大きく,太陽系の公転面が形成された一因とも考えられています.今日,惑星や恒星の進化は銀河の中の物質循環の一環として捉えられていますが,その循環のいずれの段階にも、磁場と固体粒子の両方が存在します.従って進化の過程を正しく理解するには,上記の磁場活性の寄与を、素過程の一つとして検討しておく必要があります.このような基礎特性を押さえることが,研究の柱の一つです.

 

  私たちは宇宙環境に準じた微小重力(μG)の条件下で,固体粒子が磁場から受ける作用を研究して来ました.その結果,従来は磁気的に不活性とされてきた一般の物質も,強磁性体に準ずる磁気活性を有することが明らかとなりました.磁場が物体に及ぼす力学的作用は, 砂鉄を磁石に引き寄せる勾配力と, 方位磁石を磁場方向に回転させる磁気的トルクに大別されます.μG空間では反磁性結晶も磁場方向に回転・整列し[末尾:動画①],一方,磁場勾配の途中に開放した物体は磁場に反発して,磁場の外に放出されます[末尾:動画②].この運動は,磁場外での終端速度が質量に依存せず,しかも物質ごとに固有の値を有する等,これまで全く未検討だった特性を有します[Chart5]

 

 星間磁場は,恒星や惑星の形成を制御する重要な要素とされ,非晶質ダストの整列によって生じる偏光を観測することにより,星形成領域の磁場構造が明らかにされてきました.原始太陽系のダスト円盤についても、同様にその偏光を観測することで、磁場構造の検証が進むと期待されます.そこで私達は,これらの領域に存在し、異方性を持たないとされる非晶質粒子が、低磁場で整列することを実験的に示す研究を進めています[末尾詳細②へ]

 

 

一方,反磁性粒子を微小重力環境におくと,磁気力によって顕著な並進運動が引き起こされることを見出しました.この磁気並進運動によって、惑星進化に伴う元素分化を説明できるのではないかと考え、それを検証するための実験を進めています [末尾詳細③へ]

 

以上のように私たちは,地上の環境で見落されていた反磁性の基本特性を明らかにする研究を進めており、さらにその成果に基づいて、惑星科学の未解決問題に取組んでいます. 

 

 

 

  

 

 

 Go to the following site for the movie→  https://www.youtube.com/watch?v=SBUmSsNKM5c
 
For more detail, visit our latest paper published in "Scientific Reports" (Nature Publishing Group)

titled Magnetic separation of general solid particles realized by a permanent magnet

 by K. Hisayoshi, C Uyeda & K. Terada  http://www.nature.com/articles/srep38431

  -------------------------------------------------                                             

現存する全物質を永久磁石で分離する

    動画はこちら→ https://www.youtube.com/watch?v=_OaEjVFJi0Q  詳細は下記サイトをご覧ください

    NHK news web    http://www.nhk.or.jp/kansai-news/20161210/5005601.html

        大阪大学resou   http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2016/20161208_1

    Free access paper  http://www.nature.com/articles/srep38431

                                         大阪大学大学院理学研究科・宇宙地球科学専攻 惑星科学グループ

 

 

------------詳細①----------------------------------------------------------------

  

 

------詳細②----------------------------------------------------------------------

 

---------------詳細③--------------------------------------